「 重度知的障害者の親の死後事務委任契約 」一覧

もしものことがあった時、たいていは残された家族がお葬式を出し、埋葬を行い、事務手続きを済ませます。しかし知的障害を持つ子わが子には、喪主を務めたり埋葬の手続をしたりするのはとても難しいでしょう。

そんな場合は死後事務委任契約が役に立ちます。

死後事務委任契約とは、亡くなった後の葬儀や納骨などの事務手続きを第3者のお願いする契約です。お願いする方(受任者)については特に決まりはありません。知人や友人、弁護士や司法書士にお願いするのが一般的です。

重度知的障害者の親の死後事務委任契約

お願いできるのは、遺体の引き取り、生前希望していた相手への希望していた形での死亡通知、希望していた形での葬儀や埋葬、病院や施設への支払い、各種解約手続きまでさまざまです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク