死後事務委任契約で受任者にお願いできる事務処理等

死後事務委任契約とは、自分がなくなった後の事務処理等をお願いする契約です。お願いする人を委任者、お願いされる人あるいは団体を受任者と言います。

死後事務委任契約とは

お願いできるのは、遺体の引き取りや希望の相手への死亡通知、葬儀や埋葬、死亡届、各種支払い、賃貸住宅の後始末や解約などです。

死後事務委任契約でお願いできること

役場関連

  • 死亡届の提出
  • 埋葬許可証受け取り
  • 国民健康保険・介護保険・国民年金。厚生年金の資格抹消手続き
  • 印鑑登録証・運転免許証等の返納手続き

死亡年度分の税金納税

  • 住民税 
  • 固定資産税

等の納税手続き

仕事関連

  • 退職手続き

葬儀関連

葬儀・火葬

  • 会葬者への連絡・葬儀の喪主を務める

埋葬 散骨

  • 生前に希望していた場所への埋葬あるいは散骨
  • 永代供養や墓じまいの手続き

不動産関連(賃貸の場合)

  • 大家さん・管理人・不動産会社への連絡と解約
  • 片付け

公共サービス等の解約

  • 電気 ガス 水道
  • 電話 新聞 インターネットプロバイダ
  • クレジットカード
  • スポーツクラブ等

の脱会・解約続き

SNS等

  • facebook twitter Instagram mixi などのアカウント削除
  •  

  • 希望があればフォロワーや友達への死亡通知

死亡通知

  • 生前の希望方法で。友人 知人への死亡通知

遺産の処理

慈善団体、福祉団体への寄付、友人知人への遺贈などから希望の方法で行う。

その他

海外や遠隔地で死亡した場合の遺体引き取り。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク